FC2ブログ
*cabine*工房キャビネ温故知新
バナナペンケースとホルガケースをあなたに♪オリジナル革雑貨製作クロニクルブログです

プロフィール

cabine

Author:cabine
cabineは、革を主に使って、
ちょうどよいサイズと静かなユーモアをコンセプトに製作してきました。

このブログでは、これまで作ってきたものを振り返りつつ、
今後さらに新たなステージに漕ぎ出してみたいと思っていますので
その紆余曲折を、皆様にも楽しんでいただけたらと思っています。

また、すでにお買い上げいただいたお客様にとっては、このブログは
メンテナンスご相談の窓口としての役割もありますので、どうぞご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドアノー展に行く

恵比寿の写真美術館で開催中のドアノー展に行ってきました。
久しぶりに、これ見に行きたい、と気持ちが動いたのです。

ドアノーは、ずいぶん前に写真集を見てごひいきになりました。

1950年代くらいのパリ郊外編の写真を見たとき、
あまりにも、風景に懐かしさがあって驚いたものです。

フランスのはずなのに、日本国内の郊外に見えてしまう。
フランス人のはずなのに、日本人に見えてしまうのです。

その不思議さは今回も全開です。
戦後、どの国でもみんながんばってきたんですね。

あったら欲しかったポストカードは1963年の写真「パリの屋根」。
でも思ったとおり、これはポストカードになっていなかったようです。
私の趣味は渋いですから。

夜のパリの屋根を見下ろし、窓の明かりが遠くまで続いた写真、
なぜかほっとするものを感じました。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cabine.blog11.fc2.com/tb.php/119-219c686c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
[2012/05/11 03:42]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。