FC2ブログ
*cabine*工房キャビネ温故知新
バナナペンケースとホルガケースをあなたに♪オリジナル革雑貨製作クロニクルブログです

プロフィール

cabine

Author:cabine
cabineは、革を主に使って、
ちょうどよいサイズと静かなユーモアをコンセプトに製作してきました。

このブログでは、これまで作ってきたものを振り返りつつ、
今後さらに新たなステージに漕ぎ出してみたいと思っていますので
その紆余曲折を、皆様にも楽しんでいただけたらと思っています。

また、すでにお買い上げいただいたお客様にとっては、このブログは
メンテナンスご相談の窓口としての役割もありますので、どうぞご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


勇気ある男性

私は今日勇気ある男性を見た。

そのおじさんは...
単に晴れた日に雨傘を差しているというだけだけどね。



常より私は、男性にも日傘をお薦めしたいと思っていた。

帽子も日傘も選択肢としてもてずに、
重いかばんを提げてスーツ姿で炎天下を移動するしかない男性に、

教えてあげたかった、日傘の快適さ!!


日傘は、そのために腕一本費やすことを差し引いて余りある、

大変快適な空間をポータブルに作りだせます。

風通しのよさと、作り出す影の面積の大きさが、帽子を大きく引き離しています。

本当に日差しがきついときには日傘です。
帽子では肩、腕を覆うことが出来ず、疲労します。


はたから見ていてそう快適そうに見えないかもしれないですが
日傘を差すと、実はとても楽に移動ができるのです。



このところの陽気は、本当に切羽詰っていますからね。

私が一人見かけたということは、すでに100人ぐらいいるのだろうか?日傘男性。
(ゴキブリの法則)

スポンサーサイト


コメント

中国では、男性の日傘が存在するそうです。
上海万博にいたと、ニュースにもありました。

彼らが日本にきて文化?を広めてくれるといいですね。
日本男性は我慢強すぎて涙でます。
[2010/07/30 06:27] URL | koike #3VOECJR2 [ 編集 ]


そうですか、この世界にすでに100人は存在していそうですね。

ニュースにもなっているのなら、日本男児にも徐々に抵抗感が無くなってゆくかも知れませんね。

上海万博で順番待ちしているときに偶然、肩半分だけ前の人の日傘を体験してしまったり。

傘を差すくらいどうってこと無いのですけどね。一般的になるまであと少しですね。

cabine
[2010/07/30 23:05] URL | cabine #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cabine.blog11.fc2.com/tb.php/84-e6c17b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。