FC2ブログ
*cabine*工房キャビネ温故知新
バナナペンケースとホルガケースをあなたに♪オリジナル革雑貨製作クロニクルブログです

プロフィール

cabine

Author:cabine
cabineは、革を主に使って、
ちょうどよいサイズと静かなユーモアをコンセプトに製作してきました。

このブログでは、これまで作ってきたものを振り返りつつ、
今後さらに新たなステージに漕ぎ出してみたいと思っていますので
その紆余曲折を、皆様にも楽しんでいただけたらと思っています。

また、すでにお買い上げいただいたお客様にとっては、このブログは
メンテナンスご相談の窓口としての役割もありますので、どうぞご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上村松園展に行く

上村松園展に行ってきました。
竹橋の国立近代美術館で開催中です。

6月から待ちかねていた上村松園です。
自分の考えるところの日本画らしい日本画というものを見たかったのです。


どの作品も丁寧にしあげられた繊細な美しさの色と線。
品のある明るい肌色の女性像の数々。

正統派の、多くの人に好まれるであろう絵です。

人出も多かった。


私見では「上村松園は日本のミュシャ」という印象です。
(ミュシャがチェコの上村松園か?)


とても勉強家だったという松園。
展覧会、仏閣、芸能、古典文学などにどっぷり浸かったなかから
自分の作品を作り上げました。

それにしてもふと思ったのは、
こんなに素晴らしいものを、誠実に、たくさん製作していても、
だからといって永遠の命が保証される訳ではなく
いつか没するときがきて、最後の作品と呼ばれるものが残るのだなあということ。

美しい作品にも限りがあるというようなこと。

ともかく、きれいなままたくさん残されていて、
今自分で見ることが出来ることがすばらしい。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cabine.blog11.fc2.com/tb.php/89-c4b51d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。